上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告

昔ながらの身振りを交えた育児で構わないのでは?

「ワンワン」「ねんね」など昔ながらの身振りはたくさんあり、受け継がれていますね。
しかし、ベビーサインはそれをはるかに上回る数のサインがあります。
サインの数が多いと、それだけコミュニケーションの幅も広がるのです。

またベビーサインには役に立つサインもたくさんあります。
【痛い】【もっと】【危ない】なんてことは、身振りだけではなかなか伝えられませんね。
ベビーサインを知っていれば、「ここ危ないから触っちゃだめよ」と【危ない】サインを見せれば、赤ちゃんもすぐにわかります。
耳のそばで【痛い】サインをするので、耳鼻科に行ったら中耳炎だった。なんてエピソードもあるほどです。

関連記事

| HOME

«  | ホーム |  »


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。